タラスブルバは、一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン(略称「CAJ」、英文名:The Conservation Alliance Japan)に加盟致しました。
いつまでも自然を楽しむために、この自然を次世代に継承するために、アウトドア事業で得た利益の一部をフィールド保全活動を通して還元します。

CAJとは

○設立経緯

1989年、アメリカにおいて、アウトドア業界の各社が、ビジネスで得た利益の一部を自然環境保護のために還元する目的で、The Conservation Allianceという団体を設立しました。現在、アメリカの参加メンバーは230社を超え、自然保護のために大きな成果を上げています。それをきっかけに日本でも有志が集まり、2年半の準備期間を経て2000年7月、任意団体としてコンサベーション·アライアンス·ジャパンが設立されました。約20年の活動を積み重ね、今後更にインパクトある環境貢献の創出為に、2019年4月に一般社団法人化されました。

○ミッション

アウトドア·レクリエーションのフィールドとしての価値を有する日本の多様な自然環境を次世代へと継承するために活動する非営利団体の支援、協働にアウトドア·ビジネスの参加を促す。

○CAJバリュー

・Catalyst(触媒として)
アウトドア·ビジネスの基盤である自然保護の保護·修復に取り組む非営利団体とアウトドア·ビジネスを結び付け、ブランド、サプライヤー、メディアを問わず業界全体で協働する機運を高めます。

・Collective Impact(集合的な影響力)
CAJの強みは、切磋琢磨している競合ビジネス同志が、健全な自然環境を持続させるという共通目標のもと、メンバーとなって協働することにあります。

・Give Back(還元)
CAJの会員企業は、ユーザーが次世代に渡ってアウトドアを楽しめるよう、ユーザーから得た売上の一部をフィールド保全に取り組む非営利団体に還元します。

・Field Work(現場活動特化)
CAJの支援は、アウトドア・フィールドで活動している非営利の自然保護プロジェクトにフォーカスしています。

詳しくはこちら。
https://outdoorconservation.jp/